お金で気になること

お金に関して気になること

 

こちらのサイトでは、個人的にお金に関して気になったことをどんどん書いていこうと思います。日々生きていく中でお金はとても大切です。

 

子供のころから生きてきて、両親と一緒に暮らしている間はそんなに気になることはないですが1人暮らしをしたり、働き始めることでいろいろと気になることも出てくると思います。なぜそのようなことになるかと言いますと、やはり学校の教育に問題があると思います。

 

学校では数学や歴史、実験などのことに関する知識は教えてくれるのですが、社会に出ると気づきますが、実社会で役に立つようなことはあまりないのです。

 

ですので、お金の使い方がわからずに、多額の借金をしてしまったり、お金が足りなくなってしまうということが起きてしまいます。あわせて、健康保険料や国民年金、所得税や住民税など、税金の多さにも驚かされます。

 

しかも消費税も8%になり、日々の生活にも多大な影響を与えているかと思います。そして来年には10%になると言われています。

 

このような状況ですので、ご自身でお金に関する知識を身につけていくのが一番です。わたしの考えでは、お金に関しては学校で学ぶと言うよりもアルバイトなど実際に働くことで分かってくると思います。

 

ですので、社会人になる前に、いろいろなバイトでお金を稼いでみるのが一番いい経験になると思います。

 

お金を借りるには?

 

生きていく中で、お金を借りることは誰にでもあることでしょう。わたしが初めてお金を借りたのは、高校の時でしたが、今はよく覚えていない感じです。たぶん財布を家に忘れて、学食代を借りた記憶があります。

 

ただし500円など、このくらいの金額であれば、翌日すぐに返済することができますのでまったく問題はないでしょう。貸す側も、500円であれば翌日返ってくることが分かっていますので。

 

このような個人のやり取りもあるかもしれませんが、友達だからと言って、多額の金銭のやり取りはあまりよくないようです。なぜなら、そのような話をよく耳にするからです。ですので友達通しでお金の貸し借りをする場合は、食事代くらいにとどめておけばトラブルが起こることはないと考えます。

 

家賃があと3万円足りないと言うケースでお金を貸しても、家賃で困っているほどであれば、貸しても返ってこないことが予想されます。また容易に相手にお金を貸してしまうと、お金が足りなくなる=借りればいいや!という考えになる可能性もあるので注意が必要です。

 

ただし、結婚式が続いたり、急に入院することになった場合、手持ちがなければお金を借りてしのぐしかありません。ここでお金を借りると言ったら、銀行やキャッシングなどが思いつくのではないでしょうか?

 

ここで銀行から借りようと思っても、なかなか難しいことが分かります。一般的に計画書などがないと借りれないと言っても過言ではないでしょう。たとえば住宅ローンや自動車ローン、学資ローンなどに該当する目的で利用するのであれば、審査に通る可能性は高くなります。もちろん、働いていて安定的な収入があるのが必須の条件になります。

 

銀行で借りるのが無理だと言う場合は、キャッシングの利用が一般的です。キャッシングと聞くと、戸惑ってしまう人も多いかもしれませんが、CMでも放送されているような大手の会社であれば心配することはありません。

 

しかも各会社によって特徴があって、即日借りれるところや、最初の30日間は無利息というキャンペーンを実施しているところもあります。わたし的にも、多額のお金を借りるのであれば返済が心配になりますが、数万円ていどであれば、積極的に利用してもいいと考えます。

 

ただし娯楽などに使うのではなく・どうしても借りないとしのげない場合にのみ利用するなど、自分の中でルールを決めておくのがいいでしょう。

 

キャッシングを利用するならお金借りる0.comがおすすめです。お金借りる前に、知っておいて損はない知識をこのサイトから知ることができます。

 

車を買うならお金はいくら必要?

 

当たり前のことですが、車を欲しいと思う人がほとんどではないでしょうか?もちろん東京などの都心部であれば、電車や地下鉄が主な移動手段になりますので、必要ないと言えば必要ないかもしれません。

 

ただし都心部であっても、車がないと不便を感じることもあります。たとえば目的地が最寄駅から徒歩で30分以上かかる場所であったり、荷物がたくさんあるときです。

 

このような時は車があった方が方がいいですし、ドライブするのが趣味という人もいることでしょう。

 

ここで、初めて車を買う人を調べてみますと、ほとんどの人が新車を購入しているようです。特に若い女性で新車を購入する率が高いようです。

 

その反対に男性は中古車でも問題ないと感じてる人も多いようです。

 

一般的に軽自動車は安いと言われていますが、新車であれば100万円以上するのがほとんどです。しかもオプションをいろいろつけると200万円近くまで上がってしまうケースもあります。

 

もちろんセダンも新車で買えば高いですが、中古車で買うと100万円しない車も結構あります。ですので、運転に慣れていない人は中古車がおすすめかもしれません。

 

ちなみに、走行距離が10万キロを超えてくるとかなり安くなります。自分の知り合いも、10万キロ超えてるだけで、結構いい車を安く手に入れてました。

 

もちろんお金が余っているのであれば、アウディやBMWなどに手を出すのもいいかもしれません。どちらにせよ、なるべく自分の好きな車に乗りたいですよね?

 

大学生がお金を借りるなら?

 

お金を借りると言ったら、その時の年齢にもよりますが、友達から借りるといったイメージが強いかもしれませんね。ただし、お金を借りる場合ですが、よほどその友達との信頼関係ができている必要があります。

 

言うまでもなく、お金が返ってこなかったら、ただであげてしまうということになるからです。しかも、お金をあげたということで終わるならまだしも、友達関係が終わってしまうこともしばしばあるようです。

 

高校くらいまでであれば貸し借りする金額はたかが知れていますのであまり問題はないと思います。多くても数千円ではないでしょうか?

 

次の小遣いで返すか、バイトしているなら、次のバイト代で返すといった流れでしょうか?このように高校までであれば、ふつうに借りて・返すという流れで問題ないでしょう。

 

しかし大学生になってくると、貸したお金が返ってこないケースも多くなってきます。なぜなら、大学からは1人暮らしをする人が多く、1人暮らしをしている大学生はお金に困っている人が多いからです。つまり、後で返すと言っても、結局は返す持ち合わせがなく・そのままづるづる関係が続くケースもあります。

 

ですので、付き合いの長さも関係してきますが、まだ付き合いが短いのにお金を貸すことになった場合は、戻ってこなくても大丈夫な金額にしておきましょう。

 

ということで、今すぐお金を借りる場合は、友達ではなくて、他の方法を利用するのがよさそうです。もちろん借りなくてもいいように、節約したり・アルバイトをするのもいいでしょう。それでも間に合わない場合は、キャッシングを利用する方法もあります。

 

このページの先頭へ戻る